スマートフォンの普及率とその進化について

スマートフォンの普及率とその進化について

image alt

スマートフォン普及率

スマートフォンが登場したころは既存の携帯電話と比べて操作が難しいから利用者が少ないのではないかと予想されていました。

しかし、多くのアプリの登場や、スマートフォンを使ってのインターネットの速さの充実などから既存の携帯電話からスマートフォンに乗り換えをする人が急激に増えていきました。公共の乗り物で乗り合わせた人、街行く人など周囲を見回してもスマートフォン片手の人が多く見受けられ、利用率の高さが分かります。

総務省が27年度にスマートフォンの普及率を調べたのですが、世帯のスマートフォン普及率は72%、個人のスマートフォン普及率は54%という調査結果が出ています。つまり、二人に一人がスマートフォンを保持しています。

スマートフォンはかなり昔に販売されたイメージを持っている人もいるでしょうが、世の中に登場をしてきたのは2000年前後です。ここ数年の間で急激に普及率が広がっています。

利用者が増えて普及率がかなり高いと思われているスマートフォンですが、年代別に見るとどのような状況になっているのでしょうか?

スマートフォンに買い替えようかと検討をしている人は、自分の年代のスマートフォンの普及率が気になっている人もいるでしょう。年齢が高くなると若い年代に比べるとスマートフォンの普及率は下がっています。しかし年齢が高い人でもスマートフォンを駆使している人は多くいます。何がそのように人々の心をとらえて離さないのか、このサイトでは見ていきます。


【 スマートフォン関連外部リンク~iPhone~ 】
新しくスマートフォンを買おうとお考えの方は、iPhoneかそれ以外かで悩むところでもあると思います。iPhoneユーザーは年々増加しており、万が一故障してしまった場合でもiPhone修理店が多くあるので安心して使えるでしょう > iPhone修理