スマートフォンの普及率とその進化について

スマートフォンの普及率とその進化について

image alt

年代別普及率について

スマートフォンの普及率は5割程度あります。二人に一人はスマートフォンを使っている時代です。若い世代の人からすると、周囲の人はほとんどがスマートフォンを使っているから、5割以上の人が使っていると違和感を感じる人もいるでしょう。

年代によって普及率は異なります。若い世代は普及率が高いですが、60代以降となると普及率が低いです。

スマートフォンの普及率は10代では、95%近くになります。20代は85%、30代は80%、40代は75%、50代は63%です。若い世代ほどスマートフォンの普及率が高いです。特に10代ではほとんどの人がスマートフォンを使っています。60代以降の人は普及率が低く60代は30%程度、70代は9%、80代は1.9%です。60代は3人に一人は持っているのですが、70代、80代になると普及率がかなり低いですが、徐々に普及が拡大してきています。これは高齢の人でも使いやすいスマートフォンの機種を販売しているからです。

高齢になると若い人向けの機種は使いづらいという声を受けて、大きな画面で文字も大きくしたスマートフォンが登場しています。無駄な操作は極力控えた機種なので高齢の世代にも使いやすいという意見が広がり、普及率が徐々に上がっています。